Cappa Labとは

2019年8月以降の教室について

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

この度、Cappa Lab.保土ヶ谷教室でございますが、諸般の事情により7月31日(水)をもちまして教室を閉鎖することとなりました。

 

今後は近隣の地区センターやコミュニケーションスペース等を利用して

プログラミングの教室、ワークショップを開催してまいります。

 

ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げる次第でございます。

皆様の今後のご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。

CappaLabとは

~発想に自由を、

   創造力に形を~

Cappa Labはプログラミングの楽しさを伝える

ワークショップを各地で開催しております。

開催記録はこちらをご覧ください。

横浜市を中心に地区センターやコミュニケーションセンター等で開催しております。

​開催のご依頼等はこちらのアドレスにお願いいたします。

今、プログラミングが必要なわけ

プログラミング教育は2020年度(現在小学4年生以下のお子様)から必修化されます。

大学入試では2024年度(現在小学6年生以下のお子様)から導入されます。

情報化社会といわれる現代において、世界に通じる力としてコミュニケーション能力や様々な資格と同等、もしくはそれ以上に必要となってくるのが個人の創造力になります。

未来を生きる子供たちには、AIに代替えできない人間独自の創造力やテクノロジーの活用力が求められるのです。​

このような流れの中で、Cappa Labはお子様がいち早くプログラミングや最新のテクノロジーに触れる機会を作り、自己表現力や創造性、理論的思考といった様々な力を伸ばします。

​参考:文部科学省発行 小学校プログラミング教育の手引き

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now